衆議院議員 ごとう祐一(神奈川県第16選挙区)のオフィシャルサイト

ごとう祐一

ごとう祐一オフィシャル > これまでの取り組み

政策提案

城山ダムは事前放流できた

2018年7月の西日本豪雨災害を受け、国土交通省は2018年12月、台風豪雨が来る前日までに大胆に水位を落としておく「事前放流」を行うための「事前放流実施要領」を作るよう全国のダムに呼びかけました。しかし、作ったのは国が所管するダムと、三重県以西の県営ダムのみで、東日本の県営ダムは一つも作っていないことを11月27日の国土交通委員会で明らかにしました。

  台風19号の豪雨で、実施要領を策定していた宮ヶ瀬ダム(国土交通省管理)は事前放流を行い、緊急放流せずにすみましたが、城山ダム(神奈川県管理)は事前放流を行っておらず、結果として人命のリスクのある緊急放流を行うことになってしまいました。11月20日に行ったダム管理所長へのヒアリングで、前日までにあと8m水位を落としておくことが可能だったことが明らかになっています。

今年の台風シーズン前に、国土交通省及び城山ダムを管理する神奈川県にも働きかけ、城山ダムをはじめ全てのダムで「事前放流」を可能とするよう徹底させてまいります。(2020.01筆耕)

 
 

台風被災地の復旧復興

2019年10月の台風19号では、緑区でお亡くなりになった8名の方にお悔やみ申し上げます。翌日より土砂崩れの現場を走り回り、相模原市に頼むべき話は本村市長に迅速対応を伝え、国土交通省に対しては資金面での支援とともに、東京オリンピックのロードレース会場にもなる国道413号の早期復旧を働きかけ、2019年度中に全面復旧を目指しています。(2020.01筆耕)

 
 

座間キャンプゴルフボール飛び出し  

近年、また飛び出しが増えてきたので防衛省を通じ米軍側に対策を講じるよう依頼しています。(2021.09筆耕)

 
 

予算委で対韓姿勢を問う

後藤

「韓国とGSOMIA(軍事情報包括保護協定)について、安全保障は歴史認識と切り離して、日本としては継続した方が望ましいのでは」

 

安倍総理

「韓国に懸命な判断を求めている。お互いにとって安全保障の利害は一致している」

 

 期限ギリギリの2019年11月22日、GSOMIA継続が決定しました。(2020.01筆耕)

 
 

韓国総理に抗議  

いわゆる「徴用工」(戦前に日本企業で働いていた韓国人)による日本企業に対する賠償請求が韓国最高裁で認められましたが、これは1965年の韓国側が請求権を全て放棄する協定に反する国際法違反です。2018年11月3日、元々予定されていた日韓協力委員会のメンバーとして、与野党4名の国会議員でソウルを訪問し、イナギョン国務総理(ムンジェイン大統領に次ぐNo.2。本件含めた対日政策の責任者)と会談、国際法違反状態を改めるよう申し入れました。先方の発言は紹介できませんが、日韓関係がこれ以上悪化しないよう韓国政府の責任で問題解決する必要があります。(2019.01筆耕)
 

北方領土は二島のみ返還?

四島一括返還が望ましいですが、これが困難な場合の対応について2018年11月26日の予算委で質問。①歯舞・色丹の二島を先行返還し国後・択捉はその先の交渉に委ねる「二島先行返還」、②二島を返還し国後・択捉は将来的にもあきらめる「二島のみ」、③二島すらロシアの主権のままで日本に「レンタル」する「二島レンタル」の三つの方法についての総理の見解を問いました。同日の読売新聞世論調査では①58%、②11%、③は選択肢にすらありません。
 安倍総理からは「『③二島レンタル』を容認しているかの理解は間違っている。世論調査については受け止めていきたい」との答弁を引き出しました。(2019.01筆耕)
 

イラク日報は存在  

2017年2月20日、自衛隊の「イラク派遣時の日報が残っているか」との私の質問に対し、稲田防衛大臣は「確認できない」と答弁。しかし実際には存在し、自衛隊宿営地にロケット弾が何度も着弾していることが、2018年4月明らかになりました。命の危険のある現場からの自衛官の悲痛な日報が隠ぺいされた結果、撤収判断が遅れた可能性があります。(2018.06筆耕)

 
 

都市農業振興基本法案

「都市農業振興基本法案」→与野党協議の上、成立。現在、野党超党派の「都市農業議員連盟」会長を務める。(2021.09筆耕)

 
 

鳥獣被害対策法案

鳥獣被害対策法案の野党側担当として提案→今年6月成立。現在、立憲民主党「有害鳥獣被害ワーキングチーム」副座長を務める。(2021.09筆耕)

 

種子法復活法案答弁

種子法復活法案の筆頭提出者として提出→農水委員会で答弁にも立ちましたが成立していない。(2021.09筆耕)

ページトップへ

Youtubeごとう祐一チャンネルYoutubeごとう祐一チャンネル
ごとう祐一メールマガジンごとう祐一メールマガジン