衆議院議員 ごとう祐一(神奈川県第16選挙区)のオフィシャルサイト

ごとう祐一

ごとう祐一オフィシャル > 地元の課題に取り組む

地元の課題に取り組む

旧藤野町佐野川地区の八幡橋

旧藤野町佐野川地区の鎌沢入口の八幡橋(写真)は車両通行禁止となっていた時がありましたが、架け替えが実現。藤野駅から沢井地区に入る沢井隧道はすれ違い困難なため、拡幅かもう一本トンネルを掘れないか地元の議論を踏まえ、国に要望してまいります。

津久井湖の自然を守る

「津久井湖の自然を守る会」のメンバーとして、定期的に実施している清掃活動に参加しています。

一時支援金の減収要件緩和

各地域の・各業種のコロナの影響、対策の改善点を伺い、提案しています。特に、地元から提案のあった一時支援金の減収要件緩和(2019年と比較して50%減)を実現。(2021.07筆耕)

厚木発の提案が実現

当初、2021年の1~3月の売上高を2020年1~3月と比較して50%以上落ちていることが条件だったのですが、既に売上が落ちていた2020年1~3月だけでなく2019年の1~3月との比較も認めるべきとの声を厚木市の税理士さんからお聞きし、1月25日の予算委員会で私から提案し、実現しました。(2021.04筆耕)

 

PCR検査の支援  

厚木市では、医師会が中心となって2020年5月1日からドライブスルー方式のPCR検査センターを立上げ。感染リスクがある中での医師の先生方の献身的な姿勢に頭が下がります。器材購入費が県から出ない可能性があるとの実態を聴きました。原因は、国から県へ交付する医療関連の交付金が、一次補正予算で1,500億円と少なすぎたこと。二次補正予算で2.2兆円に増額しましたが、なぜ一番大事なところをケチるのか理解できません。(2020.07筆耕)

 

ページトップへ

Youtubeごとう祐一チャンネルYoutubeごとう祐一チャンネル
ごとう祐一メールマガジンごとう祐一メールマガジン