衆議院議員 ごとう祐一(後藤祐一)(神奈川県第16選挙区)のオフィシャルサイト

ごとう祐一

ごとう祐一オフィシャル > これまでの取り組み

政策提案

コロナ対策

規模に応じた支援策を提案、一部実現  

時短営業等に協力する事業者に対する「規模に応じた支援」をコロナ特措法改正案に盛り込み、提案。→成立した法律には明記されず、「経営への影響の度合い等を勘案」との附帯決議が付され、大規模飲食店の増額が一部実現したが不十分。(2021.09筆耕)

 
 

持続化給付金再給付を提案  

昨年9月2日の予算委で提案、今年3月19日には法案も提出→実現していない。(2021.09筆耕)

 
 

介護関係者へのワクチン優先接種を提案

介護関係者へのワクチン優先接種を提案→施設介護は実現、訪問介護は実現していない。(2021.09筆耕)

 

正社員雇用支援法  

正社員を新たに雇った中小企業に対し、負担増となる社会保険料企業負担分を国が肩代わりする法案を提出。正社員増→所得増→結婚増→子ども増という、生活と経済の好循環を提案→政権交代して実現を目指す。(2021.09筆耕)

 

一時支援金の条件緩和を実現

飲食店以外の中小企業への「一時支援金」の対象を、「昨年比50%以上減収」との政府案に対し、「一昨年比」「30%以上減収」を提案。→地元から頂いた提案「一昨年比」は実現したが、30%は実現していない。(2021.09筆耕)

 

医療・介護等職員への慰労金法案を提出

医療従事者、救急救命士・救急隊員、薬剤師、介護・障害福祉事務所職員、子育て施設職員等に対し5〜20万円の慰労金を、重症患者治療を行う医療従事者には月20万円の特別就労支援金を支給する法案を提出。→実現していない。(2021.09筆耕)

 

規模に応じた支援策を提案、一部実現  

時短営業等に協力する事業者に対する「規模に応じた支援」をコロナ特措法改正案に盛り込み、提案。→成立した法律には明記されず、「経営への影響の度合い等を勘案」との附帯決議が付され、大規模飲食店の増額が一部実現したが不十分。(2021.09筆耕)

 
 

病院支援拡大を提案、実現

コロナによる病院の減収分への補填を提案。→菅総理が「損失を被ることは絶対にさせない」と答弁、実現。(2021.09筆耕)

 

コロナ特措法改正案を昨年12月に提出

・「ホテル療養」を法律に可能にするよう提案。→法案は実現。大幅に増やすべき。

・「臨時の医療施設」を緊急事態宣言時以外でも法的に可能に。→法案は実現。各地で具体化すべき。

・都道府県知事から緊急事態宣言発出を提案できる→実現(2021.09筆耕)

 

ワクチン市町村配布確実化

一部市町村への配布数1割カットをとりやめ、配布数をもっと早く示すよう提案。→1割カットとりやめが実現。(2021.09筆耕)

 

ページトップへ

Youtubeごとう祐一チャンネルYoutubeごとう祐一チャンネル
ごとう祐一メールマガジンごとう祐一メールマガジン