ごとう祐一ものがたり ごとう祐一ものがたり ごとう祐一ものがたり ごとう祐一ものがたり ごとう祐一ものがたり

1.正社員で働ける、結婚できる、
 子どもを産み育てられる「希望社会」へ

1若者に希望を

正社員を増やした中小企業を国が支援することで、正社員で働ける、結婚できる、子どもを産み育てられることのできる社会を目指します。若者が希望を持ってはたらけるよう「ブラック企業ゼロ」を目指します。

2子どもに希望を

幼稚園・保育園無料化、待機児童ゼロの法的義務付け、病児病後児保育の充実、給付型奨学金の大幅拡充などにより、働くママを応援し、親の所得に関係なく子どもたちが希望を持てる社会を造ります。

3暮らしに希望を

生活保護、基礎年金などを整理し、全員一律にベーシックインカム(基礎収入)を配ることが公平な格差是正策と考えます。医療・介護・障害福祉の毎月の自己負担合計額に所得に応じた上限を設け、それ以上は国が負担する「総合合算制度」が公平と考えます。

PAGETOP

2.主な政策

1消費税増税凍結

自民党は2019年10月に消費税を10%に引き上げる予定ですが、希望の党は消費税増税を凍結します。代替財源として、300兆円もの大企業の内部留保に課税します。内部留保を取り崩すと、給与アップや雇用増加、新規設備投資など生活改善・経済成長につながります。

2原発ゼロを憲法に

原発は、与野党の幅広い呼びかけ、政権が変わっても後戻りしないよう、世界に先駆けて原発ゼロを憲法に盛り込むことを提案します。

3現実的な安全保障

北朝鮮からのミサイル防衛は、対話を重視しつつ現実的に対応しますが、核兵器の配備には反対します。中国・韓国を含めたアジアとの共生を重視します。

4政治に希望を

国民の分断をあおる反対政党ではなく、国民目線の提案政党を目指します。議員定数・議員報酬を削減し、企業団体献金は禁止。森友・加計学園に類する情報はすべて公開。天下り規制法を制定します。

5地域に希望を

道州制により権限や予算を地方に移し、例えば、道路を作るお金を「病院やスーパーまで300円のタクシー」を実現する財源に、回せるようにします。農業補助金を農家に直接補助する形に改めるほか、有害鳥獣対策を徹底します。

憲法改正について

希望の党は、憲法9条に関し、自衛隊を憲法に位置付ける改正は議論していきますが、現行の9条1項2項の改正は考えていません。この点は誤解されている方もいるようなのではっきり申し上げておきます。

自民党の憲法改正草案では9条1項2項とも書き換え、「国防軍」として位置付けることとされており、自民党とは大きく異なります。

それよりも、国民の知る権利を憲法に位置づけて国や地方の情報公開を抜本的に進めたり、「地方でできることは地方に任せる」という地方分権の考え方を憲法に盛り込む方が優先順位が高いと考えます。