衆議院議員 ごとう祐一(神奈川県第16選挙区)のオフィシャルサイト

ごとう祐一

ごとう祐一オフィシャル > お知らせ

お知らせ

2020.03.20

新型コロナウイルスの影響について、地域の皆様のお声を伺っています。

週末の地元では、先々週までは学童、介護施設、病院などから新型コロナに関するお話を伺うことが多かったのですが、先週辺りからは、経済的な影響と対策を、業種を限らず地元の会社やお店に聞き回っています。

やはり、バス、ホテル、旅館、多くの飲食店(特に、団体中心、夜中心の店がひどい)などの影響が甚大で、8−9割減収のところもあります。パートやアルバイトの方には来てもらっていないところがほとんどで、働いている方への対策も急務です。
酒屋、魚屋など飲食店の影響を受けているところもきついです。

また、建築業では、トイレの便器などが中国から入らずに建物が引き渡しできないという話をよく聞きます。サプライチェーン問題は中国が立ち直りつつあることで改善を期待したいところです。

家族や若者向けの飲食店、肉屋・パン屋(外食→家食)、ミシン屋(マスク作り需要)、個人対応塾(午前からに拡大)など、少しプラスと答えたお店もあったりします。

国民民主党案の「10万円の期限つき金券」は概ね好評価なのですが、現在使われている「プレミアムつき商品券」と同じものとみられるようで、これが小さなお店で評判が今ひとつです。いろいろめんどくさいのにまだ2人しか使ってないよといった声が多いです。商店街の小さいお惣菜屋さんによれば、プレミアム商品券は、恥ずかしくて顔が見える関係のお店では使いたくないとお客さんに言われたとの声を複数聞きました。所得制限があるためだと思われます(子育て世帯は制限なしです)。

逆に、金持ちに配る必要はないとの声も何度か聞きましたが、配るのに時間がかかる問題もあり、やはり所得制限はせずに、期限をつけたどこでも使える金券の形で、一日も早く配ってしまうべきと思います。アメリカは小切手を郵送するようなので、逆転されてしまいそうですね。

2020.02.13

予算委員会集中審議で質問をしました

昨日の予算委員会での私の質疑について、新聞テレビの報道です。
安倍政権の不祥事を不起訴にする「守護神」黒川検事長の定年延長について、法務省と人事院で答弁が別れました。法律上無理なことを今後も明らかにしていきます。

検事長の勤務延長 対応に問題ないと認識 法相 衆院予算委(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20200212/k10012282231000.html

検事長の定年延長“違法”では 野党が追及(日本テレビ)
http://www.news24.jp/articles/2020/02/12/04594184.html

検事長定年延長 森法相、野党批判に対し正当性を強調(産経新聞)
https://www.sankei.com/polit…/…/200212/plt2002120022-n1.html

検察官は定年延長の適用外? 「今も同じ解釈」人事院(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASN2D5QW4N2DUTFK014.html

答弁迷走の北村大臣を首相が擁護 「任務果たしている」(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASN2D5WXZN2DUTFK015.html

北村地方相、ようやく反撃か 野党の不安定答弁批判に(産経新聞)
https://www.sankei.com/polit…/…/200212/plt2002120039-n1.html

不安定な北村大臣“メモ読み答弁”官僚らが助け舟(テレビ朝日)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_po…/articles/000176065.html

北村大臣答弁迷走で 手書きメモ作戦発動(フジテレビ)
https://www.fnn.jp/posts/00432043CX/202002122028_CX_CX

検事長の定年延長 野党「違法」と追及 法相「公務員法を適用」(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55525690S0A210C2PP8000/

首相、マルチ業者と面識否定 衆院予算委 「桜」への出席巡り(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/…/list/2…/CK2020021302000146.html

2020.01.30

予算委員会で質問しました

昨日(1月28日)の衆議院予算委員会で、横浜市のカジノを中止させるために画期的な答弁がありました。

(後藤)IRの認定申請期間は来年1月から7月でその後、横浜市長選がある。申請後にカジノ反対派の首長が当選した場合、「地域における良好な関係が構築されている」との要件をみたさなくなるのではないか。
(赤羽IR担当大臣)申請後、取り下げることは可能です。

安倍総理が訪米した際のカジノ事業者幹部とのやりとりについて、朝日新聞電子版に以下が掲載されました。

カジノを含む統合型リゾート(IR)をめぐり、安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、2017年の訪米時に開かれた米経済界関係者との朝食会で、米国の大手カジノ事業者から「IRは観光立国を目指す日本にとって有益だ」などと言われたことを明らかにした。国民民主党の後藤祐一氏の質問に答えた。
 後藤氏は米国の大手カジノ事業者の発言について「参入したいという意思を示しているのとほぼ同じではないか」と指摘。事業者との接触規制に首相や政務三役、国会議員も含めるべきだとの考えを示した。
https://digital.asahi.com/articles/ASN1X653FN1XUTFK016.html

新型コロナウィルスについて、武漢に向けて今晩チャーター機が飛びますが、
(後藤)機内で医師が健康チェックを行うとのことだが、潜伏期間にある方がいると、チャーター機内でうつってしまうリスクがあるのでは。帰国者の安全を守るためにも、チャーター機に乗る前に地上で確認しなくていいのか。
(厚労大臣)疑いのある方は3列ぐらい席を離したゾーンを作ってそちらに座ってもらう。空気感染するわけではなく飛沫感染なので感染する可能性は低い。
(後藤)大丈夫なのか。慎重に対応すべきでは。

ページトップへ